健康

妊娠8か月の間に断食するつもりで、これらの3つの安全なヒントに従ってください

、ジャカルタ–必須ではありませんが、多くの妊婦は断食を望んでいます。妊娠中の女性は、医師の承認があれば断食することができます。医師が母親と子宮の状態が良好であると述べた場合、それは母親が断食できることを意味します。しかし、それに加えて、母親の在胎週数も考慮してください。妊娠8ヶ月の母親はまだ早くできますか?さあ、ここで答えを見つけてください。

在胎週数が8か月に達した場合、それは母親が妊娠の第3または最後の学期に入ったことを意味します。この学期では、母親は後で陣痛の準備をするのに忙しいかもしれません。

また読む: 第三学期にこれをしないでください

実際、医学的な観点から、断食は妊婦にとって安全であると考えられている活動です。妊娠中の女性の摂取ニーズが満たされている限り、絶食は妊娠中の女性に重大な問題を引き起こすことはありません。妊娠中の女性が毎日満たす必要のある摂取量は約2200〜2300カロリーです。

断食は基本的に食事時間のシフト、つまり朝食からスフールへのシフト、イフタール時間での昼食、タラウィーフの祈りの少し後の夕食であるため、妊娠中の女性はこれらの食事のニーズを満たす可能性が非常に高いです。

ただし、妊娠中の女性は、妊娠を決定する前に、まず産科医と話し合って、母親と胎児の健康状態を確認することをお勧めします。一般的に、母親が最も断食できる在胎週数は、16週から28週に入った後、または在胎週数は約4〜7か月です。この時、母親の体は発生するホルモンの変化に適応しているため、妊娠中の愁訴は減少し始めています。

妊娠8ヶ月間の断食のヒント

母親と胎児の健康状態を維持するために、妊娠8か月の間に断食したい場合は、次のヒントに注意を払う必要があります。

1.食物摂取に注意を払う

断食をしたい妊婦は、バランスを保ち、ニーズに応じて食事を適切かつ注意深く調整し、栄養摂取量を維持する必要があります。妊娠中の女性は、断食中に2人の食事のニーズを満たす必要があることを忘れないでください。だから、スフールを食べる時間を逃さないようにしてください。母親も少しずつ食べることをお勧めしますが、多くの場合、断食をしたときから始めます。

妊娠中の女性は、食物の一部に加えて、母親が消費する食物の栄養成分にも注意を払う必要があります。妊娠中の女性は、妊娠中はミルクやタンパク質などの食品をもっと食べるように勧められています。炭水化物、タンパク質、脂肪、ミネラルとビタミンの栄養バランスにも注意を払うことを忘れないでください。

さらに、母親が妊娠中に満たすことを忘れてはならないいくつかの重要な栄養素、すなわち葉酸、鉄、カルシウムもあります。あなたはナッツ、サーモン、またはサプリメントから葉酸を得ることができます。鉄は、ほうれん草、赤い果物、魚、赤身の肉に最もよく見られます。カルシウム源は牛乳と魚から得ることができます。

また読む: 妊娠中の女性のために断食しながら栄養を満たすためのヒント

2.高糖を含む飲み物を制限する

妊娠後期に入ると、妊娠中の女性は体重が大幅に増加したため、活動が困難になる可能性があります。妊娠中の女性が体重を増やすのは正常です。しかし、妊娠中の女性が太りすぎの場合、それは赤ちゃんにも影響を与える可能性があるため、彼も太りすぎで生まれます。

したがって、妊娠中の女性は、絶食月の間、バランスの取れた体重を維持することが推奨されます。そのうちの1つは、肥満を引き起こす可能性のあるコンポートなど、高糖質を含む食品を避けることです。

3.もっと水を飲む

母親は妊娠中にたくさんの水分を必要とします。しかし、断食中に12時間飲まないと、妊婦は脱水症状になり、脱水症状になりやすくなります。もちろん、これは子宮内の胎児の状態にとって危険な場合があります。

したがって、妊娠中の女性は、毎日少なくともコップ8杯の水を飲むことによって空腹時の水分の必要性を満たす必要があります。母は夜明けに4杯、その後は4杯飲むことができます。

また読む: 妊娠中の女性のための断食の5つの利点

これらは、妊娠中の女性がこの第3学期に断食したい場合にできるいくつかのヒントです。しかし、妊娠中の女性は断食を強いるべきではありません。非常に弱いと感じ、心拍数が上がり、失神したい場合は、断食をやめてすぐに医師に連絡してください。妊婦さんも ダウンロード 応用 断食中に母体の健康を維持するのを助けるための仲間として。使って ビデオ/音声通話 チャット 、母親はあなたがいつでもどこでも経験している妊娠の問題について話し合うために医者に連絡することができます。