健康

缶詰食品は本当に食中毒を引き起こす可能性がありますか?

ジャカルタ-食中毒の症例は学校環境でしばしば発生します。学校の外で売られている多くの食品は清潔さが保証されていないので、不思議ではありません。使用する機器の清浄度だけでなく、通過する車両からのほこりへの暴露は言うまでもなく、使用される材料の品質は保証されません。

ほとんどの食中毒は、細菌が体内に入って感染するために発生します。残念ながら、体に感染して食中毒を引き起こす可能性のある細菌には多くの種類があります。しかし、そのきっかけの1つが、缶に詰められた食品であることをご存知ですか?

ボツリヌス中毒、缶詰食中毒

はい、医学用語での缶詰食中毒はボツリヌス中毒と呼ばれています。この食中毒は、バクテリアによって生成された神経毒によって引き起こされ、深刻です ボツリヌス菌 。缶詰による中毒の症状は他の病気と同じである可能性があるため、早期発見を行い、症状が何であるかをよく認識する必要があります。

また読む: 食品を準備する際の7つの間違いは食中毒を引き起こす可能性があります

あなたはあなたの医者に食中毒について何でも尋ねることができます。アプリの医師に尋ねる機能を利用するだけです 。または、異常な症状を感じた場合は、すぐに自宅に最も近い病院の医師に相談してください。そうすれば、すぐに助けを得ることができ、合併症を防ぐことができます。

子供、10代、大人がボツリヌス中毒や缶詰の食中毒のリスクにさらされている場合、赤ちゃんには他の原因があります。乳児ボツリヌス中毒は、彼が蜂蜜を消費するために発生します。これは、消化器系がまだ完全に形成されていないために発生し、自然に発生する細菌を中和することができません。

また読む: これらは食中毒を引き起こす細菌です

缶詰食中毒の症状

それで、缶詰の食中毒の認識された症状は何ですか?それらのいくつかを次に示します。

  • 視力の問題

ボツリヌス中毒の一般的で簡単に認識できる症状は、視力の問題です。特に、視力がぼやけているか、ゴーストになっている場合はそうです。また、まぶたの垂れ下がりなど、目のその他の症状も見られます。それでも、視力の問題は他の健康上の問題を示している可能性があるため、さらなる検査または他の症状が必要です。

  • 神経系の重要な変化

ボツリヌス中毒の原因となる細菌からの毒素が神経系に感染しているため、筋力低下、発話の鈍化、嚥下困難が発生します。ボツリヌス中毒が神経を攻撃すると、肩、腕、太もも、ふくらはぎから脚に至るまで、体全体の筋緊張が弱まります。この筋力低下を無視し、ボツリヌス中毒を治療しないと、麻痺を発症する可能性があります。

  • 口と消化管

口のもう一つの目に見える症状は、乾燥と嚥下困難です。このボツリヌス中毒による筋力低下は、口の周りの筋力低下のために話すのを難しくします。消化管にいる間、現れる症状は吐き気、嘔吐、腹痛です。

また読む: 食べた後の嘔吐、中毒の兆候?

したがって、あなたが食べたいすべての食品が完全にきれいであり、品質が保証された成分から選択され、完全に調理されるまで調理されていることを確認する必要があります。果物や野菜は消費する前に徹底的に洗う必要があり、調理器具は使用する前にきれいにする必要があります。缶詰や保存食品の消費を減らすか、あるいは回避することで、缶詰食品中毒を回避することができます。