健康

塩は本当に歯痛の薬になることができますか?

、ジャカルタ-塩水でうがいをすることは、歯痛を治療する自然な方法として長い間知られています。歯痛は誰にでも襲う可能性があり、いつでも発生する可能性があります。歯痛は痛みを伴う症状を引き起こし、患者を悩ませることがあります。その結果、歯痛を経験する人々は通常、現れる痛みを和らげるために多くの方法を行います。

歯痛が塩水をうがいすることであるときの最初の援助の1つ。この溶液は通常、グラス1杯の水とスプーン1杯の塩の半分をグラスに混ぜて作られます。次に、塩水を使用して約30秒間うがいをします。しかし、塩水でうがいをすることは本当に歯痛を治療するのに役立つというのは本当ですか?

また読む: これは自宅での歯痛の応急処置です

塩水で歯痛を克服する

食塩水は歯痛による痛みを和らげる効果があることが古くから知られています。実際、うがいをする塩水は、歯痛を引き起こす可能性のある細菌を含む、口の中の細菌を殺すのに役立つと言う人もいます。この解決策は、環境や口の状態を変えることによって機能し、バクテリアが生きて成長するのを不利にします。

抜歯後や口の痛みによる炎症を抑えるために、うがいをする塩水もよく推奨されます。ただし、生理食塩水は歯のエナメル質に損傷を与える可能性があるため、長期間使用しないでください。塩水でうがいをすると、歯の問題、特に口臭に役立ちます。ただし、塩水はアルカリ性であるため、長時間使用すると歯に損傷を与える可能性があります。

天然の塩、すなわち塩化ナトリウムは、口の中の細菌の増殖量を減らすのに役立ちます。塩はバクテリアが生きて繁栄するために必要な水分子を吸収することができます。したがって、十分な水がないと、バクテリアは成長して口や歯を傷つけることはできません。ほとんどすべてのバクテリアは生きるために酸性環境を好むので、塩のアルカリ性はバクテリアを排除する役割も果たします。

また読む: 歯痛薬に加えて、これらは塩水をうがいすることの利点です

それで、塩水は歯痛薬になることができますか?答えはイエスですが、塩水でうがいをすることは応急処置としてのみ使用されるべきです。塩水は、細菌を殺し、歯痛が襲ったときの痛みなどの症状を軽減するのに役立ちます。症状が改善した場合でも、発生した問題を解決するために歯科医に行く必要があります。塩水は治療だけでなく、歯痛の予防にもなりますが、塩水を使いすぎないようにしてください。

塩水でうがいをすることは、次のような多くの口腔状態にも有益であると言われています。

  • 臭い息

塩水をうがいすることで克服できる歯と口腔の健康上の問題の1つは口臭です。定期的に塩水または塩水で口を掃除すると、口臭の原因となる細菌を殺すことができます。この方法は、口臭の原因となることが多い感染症の治療にも使用できます。

  • 歯痛

塩水でうがいをすることは、歯肉炎としても知られる歯周病の症状の治療にも役立ちます。この状態は、口の中の過剰な細菌の増殖によって発生する炎症を起こした歯茎の出血を特徴としています。塩水も虫歯の治療に役立ちます。

  • 炎症

口の部分の炎症は、塩水うがいで治療することもできます。この方法はまた、腫れた組織を収縮させ、露出した組織からの感染を防ぐことができます。

また読む: 歯痛を自然に治療する4つの方法

健康上の問題があり、医師のアドバイスが必要ですか?アプリを使用する ただ。いつでもどこでも簡単に医師に連絡できます ビデオ/音声通話 チャット 。信頼できる医師から健康と健康的な生活のヒントに関する情報を入手してください。さあ、今すぐAppStoreとGooglePlayからダウンロードしてください。

リファレンス:

新しい健康アドバイザー。 2019年にアクセス。塩水マウスリンス:効果的ですか?
強く生きよ。 2019年にアクセス。口を洗うための塩水の使用。